こまち瓦版 令和元年12月号

投稿日:2020年01月06日 作成者:古谷 忠

‘‘編集後記‘‘ マンション管理適正性の市場評価の仕組み検討(マンション管理適正評価研究会)  管理情報の開示方法や管理状況の評価項目案などが示され、管理情報はⒶ戸数や駐車区画数などの一般情報Ⓑ評価・判断が分かれる客観情報Ⓒ等級評価―の三つ。重要事項調査報告書に基づく情報提供項目は総会議事録の有無や保険事故状況など、「等級評価」に関わる項目は①管理組合体制②組合会計収支③建築・設備④耐震診断関係⑤生活関連の項目。  ・住戸内設置の非常通報装置に修繕積立金拠出を認める(大阪高裁)  管理組合は高裁審理中に総会で管理規約の改正と非常通報装置の使用細則、非常通報装置の導入について管理規約の改正条項を遡及的に適用して決議した。修繕積立金をどのように取り崩すのかは、マンション管理の私的自治に委ねられている事柄で、管理組合が改正規約を遡及適用することが法令で禁じていないと判断し非常通報装置への積立金拠出を認めた。  ・低下稼働率駐車場を東京都駐車場条例に基づき適正に処理(墨田区「両国パーク・ホームズ」)  稼働率が3割に満たない機械式駐車場を一部撤去し、跡地に不足していた駐輪場を増設。管理組合(築19年、52戸)は「適法」に実現するには意外に険しい道のりを「マッチング」で困り事を解決した。認定に際して申請書、理由書や図面などを提出し、駐車場利用者の減少がありメンテナンス費用等が増大あって建物管理にも影響が出る等と記述。


こまちマンション管理士事務所

〒244-0804
神奈川県横浜市戸塚区前田町
472-3
TEL 045-827-3602
FAX 045-827-3602
furuya17@aqua.plala.or.jp